본문 바로가기 대메뉴 바로가기

洪城韓牛

HOME 代表グルメ 洪城韓牛

洪城韓牛

昔から洪城は韓牛、豚、鶏を多く育て、全国で一番の畜産郡として伽耶山、徳崇山、白月山、烏棲山など精気ある山脈に囲まれた丘陵地で、温泉水が出て、適切な海の潮風を受け、広い野原で豊富な穀物が生産される。洪城韓牛は、ここで生産されるわらと穀物を混ぜて食べさせて飼育した韓牛で、昔の味そのままで肉質が柔らかく、霜降りが繊細で優れた韓牛の味がする。

特に、韓牛の肉とカルビは全国生産量の6%を占め、他の地域より肉質に優れ、さっぱりとして柔らかい伝統の肉の味を味わうことができる。

また、洪城韓牛は清涼な牧草と品質の良い飼料で飼育し、最先端肉加工の技術を基に生産するため、肉質が非常に柔らかい。

噛んだときににじみ出る肉汁は、口の中で溶けるように味と香りに優れ、一度味わった人は決して忘れることができない味である。 洪城のどこでも味わうことができる韓牛は、独特なレシピを開発し、特有の味を提供して、全国から多くのグルメが訪ねてくる。

部位別韓牛の特徴及び用途

部位別韓牛の特徴及び用途
名称 部位 特徴 用途
コットンシム ロースからヒレ肉を取り除いた部分 優れた肉質と味わい ステーキ
しゃぶしゃぶ, 焼き
サルチサル ロースから霜降りロースを分離した肉 筋内脂肪が発達 焼き用, ステーキ
チャドルバギ 胸部肉から分離された肉 脂肪が多くガッチリとしているため、
噛み味が逸品
焼き用
ブチェサル 前足の肉、団扇模様 筋内脂肪が多く軟らかい 焼き用
ホンドケサル 後足内側の棒模様 肉醤油に適する 肉醤油、串焼き
チマサル 腰部の下の部位 しこしこした味わい 汁の材料、焼き用
クリサル 前足肉 肉がやや堅い 肉刺身、ジャプチェ用
マグリ 脊椎、胸部部位 骨抜き肉が無い だし汁、カルビタン用