본문 바로가기 대메뉴 바로가기

広川土窟のアミの塩辛/在来味のり祭り

HOME 文化観光 祭り 広川土窟のアミの塩辛/在来味のり祭り

広川土窟のアミの塩辛/在来味のり祭り1

"広川土窟のアミの塩辛/在来味のり祭り"

1960年代、山の中腹に土窟を掘ってアミの塩辛を保存する方法を開発、土窟の自然の温度である摂氏14〜15°で3ヵ月間熟成させ、全国で初めて土窟アミの塩辛を販売した。その味と香りが他の地域より優れているために知られるようになり、広川と言えば土窟アミの塩辛で有名になるほど、全国最高の品質を誇っている。1996年から毎年10月、キムチを漬ける季節を控えて広川土窟のアミの塩辛祭りを開催して、様々な文化行事と広川の名物アミの塩辛、朝鮮のりなどを割引販売しており、広川在来味のりは生のりを作っていた時代から、長い間、蓄積されたノウハウを元に、最高の品質を誇っている。

広川土窟のアミの塩辛/在来味のり祭り2
広川土窟のアミの塩辛/在来味のり祭り3

むほど味が香ばしく、コクが出て栄養価が豊富で、朝鮮時代の王の食膳に上げていたと言われ、在来の味だと言う。祭りの期間中には、安価で品質の良いアミの塩辛とその他の塩辛を購入することができる。