본문 바로가기 대메뉴 바로가기

洪州城と 余何亭

HOME 文化観光 洪城8景 洪州城と 余何亭

洪州城と 余何亭1

"洪州城と 余何亭"

西海の関門であり、洪州牧の治所を取り巻く洪州城は1,772mに達していたが、現在は南の810mの城壁のみ残っている。洪州牧の36棟に及ぶ官衙建物が日帝によって毀損され、朝陽門、洪州衙門、安懷堂、余何亭のみ残っている。

洪州城が正確にいつ築城されたのかは解からないが、発掘調査の結果、洪州城歴史館裏の土城は新羅末または高麗初期に築城されたものと確認され、朝鮮初期に倭寇から防御するために石城を築いた後、数度の増築を経て、1870年に洪州牧使・韓応弼によって大々的に再建された。壬辰の乱、李夢鶴の乱、東学農民抗争、カトリック迫害など生きた歴史の現場であり、乙巳条約締結に反対した閔宗植、李世永などが洪州義兵を率いて戦闘を行ったところである。

洪州城と 余何亭2
洪州城と 余何亭3

清道4牧の一つである洪州牧の東軒である安懐堂は、1896年洪州牧使・李勝宇が建設したと伝えられ、洪州牧使らが政事を構想し、休憩を取っていた所で、亭閣は6角形の水上亭である余何亭がある。洪城郡庁の中庭には、普愚国師が王師となった記念に植えたと伝えられるケヤキと洪州官衙の外三門である洪州衙門がある。