본문 바로가기 대메뉴 바로가기

就業支援

HOME 韓国生活情報 就業支援

滞在・国籍の取得について

韓国に定着し適応できるよう、様々な就業支援情報をご提供します。

女性再就職センター(セイルセンター)結婚移住女性のインターンシップ
女性再就職センター(セイルセンター)結婚移住女性のインターンシップ
対象 内容 申し込み方法 お問い合わせ 関連部署
就職を希望する結婚移住女性のうち、女性の新しい仕事センター(セイルセンター)に求職の登録を行った者 女性が就職しやすい有望な職種、キャリア断絶の女性の能力と地域産業のニーズを考慮したカリキュラム、専門技術課程などにより構成

教育訓練生を選抜する際、就職しにくい階層(低所得層・扶養家族のいる女性・結婚移住女性・高齢者など)の女性を優先

2014年3月~11月中計636の教育訓練を実施(細部の日程は変動可能)

当該セイルセンターへお問い合わせください。http://saeil.mogef.go.kr/ 1544-1199 (相談コールセンター) 女性家族部(経歴断絶女性支援課)
女性再就職センター(セイルセンター)職業教育訓練
女性再就職センター(セイルセンター)職業教育訓練
対象 内容 申し込み方法 お問い合わせ 関連部署
女性再就職センターに登録を行った求職中の結婚移住女性 経歴断絶女性(出産・育児のために離職している女性)を対象とした職業教育訓練課程 出産・育児などにより経歴が断絶した女性を対象に運営されている職業教育訓練課程または結婚移住女性など就労の難しい階層を職業教育訓練生として選抜した場合、優先権が与えられる。 京仁教育大学多文化教育研究院に申請 1544-1199 (相談コールセンター) 女性家族部(経歴断絶女性支援課)
バイリンガル講師要請事業
バイリンガル講師要請事業
対象 内容 申し込み方法 お問い合わせ 関連部署
韓国語と母語のバイリンガルな多文化家族の父兄 バイリンガル講師教育 京仁教育大学多文化教育研究院に申請 031-470-6361 教育部
結婚移住者のための就業支援事業
結婚移住者のための就業支援事業
対象 内容 申し込み方法 お問い合わせ 関連部署
結婚移住者など

現在求職中の失業者(雇用保険加入の履歴を持つ者)および新規の失業者(雇用保険加入の履歴のない者)

  • 再就職活動を2回以上しなくても口座発行の申請が可能
  • 支援限度額300万ウォン

    就職成功パッケージへの参加者のうち、「脱北住民、結婚移住者、危機に瀕した青少年、国民生活受給者、次次上位階層以下の世帯構成員」

  • 自費負担金の免除:国民基礎生活保障法の対象者、就職成功パッケージ支援事業の参加者
居住地管轄の雇用センターを訪問し、相談を通じて訓練課程の受講が可能

口座カードの申し込みから受領まで、2週間以上の日数が必要

局番なしで1350をダイヤル 雇用労働部
明日を学ぶカード制度(職業能力開発口座制度)
明日を学ぶカード制度(職業能力開発口座制度)
対象 内容 申し込み方法 お問い合わせ 関連部署
結婚移住者など

現在求職中の失業者(雇用保険加入の履歴を持つ者)および新規の失業者(雇用保険加入の履歴のない者)

  • 再就職活動を2回以上しなくても口座発行の申請が可能
  • 支援限度額300万ウォン

    就職成功パッケージへの参加者のうち、「脱北住民、結婚移住者、危機に瀕した青少年、国民生活受給者、次次上位階層以下の世帯構成員」

  • 自費負担金の免除:国民基礎生活保障法の対象者、就職成功パッケージ支援事業の参加者
居住地管轄の雇用センターを訪問し、相談を通じて訓練課程の受講が可能

口座カードの申し込みから受領まで、2週間以上の日数が必要

局番なしで1350をダイヤル 雇用労働部
就業成功パッケージ
就業成功パッケージ
対象 内容 申し込み方法 お問い合わせ 関連部署
結婚移住者など 結婚移住者、低所得層など就職しにくい階層を対象に職業訓練などの就職の支援 居住地管轄の雇用センターへの訪問、または郵便・オンラインにより申請書を提出:
http://www.work.go.kr/pkg/content05/05_002.do
局番なしで1350をダイヤル 雇用労働部
多文化IT訪問指導
多文化IT訪問指導
対象 内容 申し込み方法 お問い合わせ 関連部署
女性結婚移住者および多文化家族 韓国語とIT能力を備えた結婚移住者を多文化IT訪問指導者として養成。同一出身国の多文化家庭を訪問し、IT教育および韓国早期定着のノウハウなどを伝授 国民情報化教育ホームページの「お知らせ広場-公示事項」から確認してから申請:
http://www.itstudy.or.kr
02-3660-2566/2710 安全行政部
国内居住の外国人医療従事者・診療コーディネーター養成事業
国内居住の外国人医療従事者・診療コーディネーター養成事業
対象 内容 申し込み方法 お問い合わせ 関連部署
  • 医療コーディネーターの業務を希望する者(ロシア・中東・中国・モンゴル・ベトナム・日本など)のうち、以下の項目のいずれかに該当する外国人:
    • 医療人および医療関連(薬剤師、准看護婦、コーディネーターなど)に従事したことのある者
    • 韓国語能力試験(TOPIK)の中級(3級または4級)以上の資格を持つ者
    • 韓国大学の学士以上の学位を持つ者(専攻問わず)
    • 韓国に住み始めて3年以上の者
  • 外国人患者の誘致および応対に必要な診療コーディネーター養成教育
  • 教育費は無料
  • 教育参加申請書、自己紹介書、教育活用計画、語学成績表などの証明書類を提出

    年始にホームページにお知らせを開示: http://www.kohi.or.kr

韓国保健福祉人材開発院 02-3299-1420 保健福祉部