본문 바로가기 대메뉴 바로가기

立地条件

HOME 企業支援 立地条件

洪城郡の立地条件

観光休養部門

全国5大観光圏の中の忠清観光圏、24開発小圏の中の泰安海岸圏に属する。大都市圏の1日観光客及び週末休養客の収用地として開発が進んでおり、湖畔及び歴史、文化観光地としての特性を持っている。

忠南西海岸地域は、各種海岸観光資源と温泉、歴史的遺跡が散在し、西海岸高速道路と海岸観光道路網構築計画が完成する場合、観光客の急速な増加が予想される。

地域特化産業部門

西海岸高速道路建設による首都圏とアクセシビリティの強化が予想されるに伴い、特殊農作物の栽培と無公害営農、科学営農を推進しており、養豚業を洪城郡畜産業の特化品種として定め、畜産事業団地造成。または全国的に知名度が高い広川土窟アミの塩辛などが開発対象として注目されている。

基盤施設整備事業

西海岸高速道路開通に備えて、洪城の各観光地及び特化団地の連携を考慮した道路整備事業が計画されている。

洪城郡の観光立地

宮里地区観光地造成事業(洪城郡西部面宮里一帯111千㎡面積)

2004年西海岸高速道路が完成し、西海岸観光ルートが洪城IC→AB地区防潮堤→泰安海岸国立公園及び安眠島国際観光地として変化しており、宮里地区は洪城郡全体の観光及び交通の要所として浮上する見通しである。これに伴い、経由利用客の休憩及び休養の場所を提供し、洪城郡全体観光地を支援する性格として開発の方向を設定した。水辺と海岸の自然景観要素の特性を維持し、西海岸観光圏の通過地点として通過利用客のための公共・便利施設と魚センター、食堂、水産物直売所及び休憩施設を導入し、内部海岸に沿って商店街施設を集中配置しした。

洪城温泉地区(洪城郡洪城邑玉岩里一帯314千㎡面積)

全国5大観光圏の中の忠清観光圏、24開発小圏の中の泰安海岸圏に属する。大都市圏の1日観光客及び週末休養客の収容地として開発が進んでおり、湖畔及び歴史、文化観光地としての特性を持っている。忠南西海岸地域は、各種海岸観光資源と温泉、歴史的遺跡が散在し、西海岸高速道路と海岸観光道路網構築計画が完成する場合、観光客の急速な増加が予想される。

於沙地区観光地造成事業(洪城郡西部面於沙里一帯242千㎡面積)

南唐地区観光地造成事業と連携波及効果を期待する場所で、安眠島を含む瑞山AB地区と洪保地区、大川を連結する西部海岸観光軸を形成し、海岸休養地として開発を誘導することにより、既存の観光地の補助及び拡大を目標とする。 於沙地区観光地の導入施設は忠清圏及び中部圏を含む長期滞在型観光地として、家族ホテル、コンドミニアムをはじめとする宿泊施設と公共便益施設、休養・文化施設、運動・娯楽施設、水産物センターなどを設置している。

南唐地区観光地造成事業(洪城郡西部面南塘里一帯166千㎡面積)

忠南西海岸地域浅水湾海域に隣接し、首都圏からのアクセスが改善されると、観光需要が急増するものと予想される地域で、天恵の天然資源が周辺に散在しており、忠南北西部工業ベルトのある高台、石門、牙山公団の開発によるレジャー人口の需要に伴い、開発の可能性が大きい。洪城郡内で唯一、海面と接した地域で、秀麗な自然の景観を保有し、海上及び海岸を眺望、休憩できる静かな空間(散策道、展望台、路傍緑地など)と周辺にある既存の資源を利用した空間として構成されており、第1種港として承認される港湾を開発中である

畜産モデル団地造成事業(洪城郡銀河面徳実一帯164千㎡面積)

洪城郡の地域特化度が高い家畜を対象に、小規模で運営している畜産農家を集団化・大規模化することにより、生産性を向上させ、畜産技術の開発と体系的管理運営で生産性の向上を期待する。また、小規模畜産農家に発生するし尿の環境破壊を大規模生産システムに切り替えることで、し尿浄化施設を設置して環境保全に貢献する。 畜産モデル団地の導入活動は飼育活動と支援活動に区分され、飼育活動のための導入施設は畜舎、倉庫などで、支援活動のための導入施設としては、管理室、駐車場、排水処理場などを選定した。 導入施設規模は、地域特化度が高い養豚を対象に、広川邑、銀河面一帯に散在している飼育養豚約25,400頭を飼育することができる団地として造成される。

畜産物総合処理場造成事業(洪城郡広川邑上井里一帯66千㎡、'02.4月竣工)

洪城は他の市•郡に比べて畜産物の特化度が高く、全国最高の畜産物生産団地の豊富な原料を基盤に畜産物総合処理場(LPC)を中心に、高品質の畜産物を生産=>屠畜=>加工=>畜産農家との系列化流通システムを確立し、国内畜産物流通構造の先進化を通した生産性の向上に寄与するものと期待される。また、ソウルをはじめとする全国主要都市にブランド肉直営販売店及びチェーン店などの開設を通して、冷凍肉と差別化された新鮮冷蔵肉を消費者に供給すると同時に、冷蔵肉海外輸出の前進基地として飛躍するものと期待される。 畜産物総合処理場の処理能力は1日牛100頭、豚1,500頭で、先進国の施設基準の屠畜•加工施設運用で、畜産物の衛生レベル向上及び安全性が確保され、私たちの地域の畜産物が世界のどの地域にも直接輸出が可能なように建設されている。

塩辛類特化市場造成事業(洪城郡銀河面長尺里一帯29千㎡)

洪城郡広川邑応岩里一帯に散在した土窟アミの塩辛団地を特化市場化して、熟成と販売などを体系化することにより、地域特産品としての価値を向上させる。 特産物販売場だけでなく、駐車場、道路、広場などのような基盤便宜施設を拡充し、訪問者とのアクセシビリティを高め、土窟アミの塩辛の生産工程を直接見て、感じることができる体験活動の機会も提供する。

農工団地造成事業(6団地574千㎡)

農村の農外所得増大と大都市の過密した人口集中を抑制するために、農村地域の工業開発と都市工業の地方分散を促進させ、農村遊休人材及び零細農業を吸収して、農外所得源開発に投入すると同時に、国道利用の効率性向上と限られた土地空間の利用率を高めるために、経済的かつ合理的な農工団地の造成及び事後管理をする。

陶芸特産団地造成事業(洪城郡葛山面吹笙里一帯120千㎡)

農漁村の賦存資源を効率的に活用し、農漁村の地域特産物生産団地を造成運営することにより、農漁村地域発展を図り、既存の陶芸村機能を強化させて、陶芸の作業過程の再現などを通した観光商品化を誘導し、観光客の参加を通した異色体験を提供すると同時に、零細な陶芸産業を集団化して技術開発と販売活性化を図ることができる。 団地内には、展示館、陶芸教室、伝統のり場などの教養文化施設と、生産販売施設などを設置して、様々なイベント開催を通した観光客及び需要者を誘致できるように造成する。

基盤施設整備事業洪城開発促進地区内開発事業間の連携性を強化するために

基盤施設整備事業洪城開発促進地区内開発事業間の連携性を強化するために、洪城の海岸観光圏をつなぐ海岸観光道路が開設中(宮里地区-於沙地区-南唐地区)で、内陸観光が可能な循環型道路網が構築される予定で、西海岸高速道路の洪城ICと広川ICの開通で、首都圏とのアクセシビリティが良好(2時間以内)となり、工業立地と観光ルートの開発を重点推進する。

基盤施設整備事業の目的は、最終的に地域経済の活性化を通した地域発展にあるだけに、地域発展に対する投資が最も効果的な路線を選定した。
  • 臨海観光連携道路:葛山面富基里 西部面光里(幅11m、延長4.6km)
  • 西海岸臨海観光道路1:西部面宮里-西部面於沙里(幅11m、延長4.1km)
  • 西海岸臨海観光道路2:西部面新里-銀河面木峴里(幅11m、延長7.3km)