본문 바로가기 대메뉴 바로가기

韓龍雲

HOME 洪城のご紹介 歴史的人物 韓龍雲

韓龍雲

韓龍雲
号 :萬海
  • Period : Japanese Colonial Era (1879 ~ 1944)
  • Field:Literature

萬海・韓龍雲は1879年(高宗16)8月29日、結城面城谷里バクチョルドン・ジャムバンクルで、清州韓氏西原君韓洪甫の子孫である父・韓應俊と母・温陽方の次男として生まれた。子供の頃の名前は裕天、本名は貞玉、仏名は龍雲、法号は萬海(卍海、あるいは萬海)と言う。6歳から城谷里の書堂ゴルで漢学を学び、9歳で文理に通達して神童と称賛された。

1911年、朝鮮総督府が朝鮮寺刹令を公布し、韓国の仏教を日本仏教に隷属させ、寺刹に対する権利を掌握しようとするが、反対運動を起こし、「朝鮮仏教維新論」を執筆して仏教界の改革を主導した。1919年、民族代表33人の一人として独立宣言をするのに主動的役割をし、独立宣言を朗読した後、警察に逮捕されて西大門刑務所に収監中、「独立の書」を書いた。

1926年、88編からなる「あなたの沈黙」詩集を発刊し、志操が真っ直ぐで節義と気概があり、日帝とはいささかの妥協もせず、最後まで祖国独立のために身をささげるが、1944年6月29日、ソウル城北洞尋牛荘で死去した。墓地はソウル中浪区忘憂洞ジョンサンに、夫人ユ氏と一緒に双峰で埋葬された。洪城郡は、結城面城谷里韓龍雲の生家地に生家復元に続いて祠堂を設立した。

主な史跡地

萬海 韓龍雲の生家
名称 :萬海 韓龍雲の生家
  • 文化財情報:忠清南道指定記念物75号
  • 所在地:忠清南道 洪城郡 結城面 城谷里 492

忠南 洪城郡 結城面 城谷里に位置する、独立運動家であると同時に僧侶であり、また、詩人である萬海 韓龍雲先師が生まれた場所である。

昼間は、野原を背にした日向に位置する、滅びて消え去った生家を、1992年に生家を中心とした周辺地域の史跡化のために復元事業を始めた。生家である草屋以外にも、祠堂、山門、管理士、お手洗いなどを建立し、周辺整備事業を推進した。

家屋は、前面3間、側面2間規模の草屋であるが、両側に1間を張り出し倉と物置小屋として使用、垣根はハギで囲い、外側に土煉瓦でお手洗いを設えた。1989年12月24日 忠清南道 道指定記念物 第75号として指定された。

萬海祠(韓龍雲先師の祠堂)
名称 :萬海祠(韓龍雲先師の祠堂)
  • 文化財情報 :文化財資料164号
  • 所在地:忠清南道 洪城郡 洪北面 城谷里 492

萬海 韓龍雲先師の生家復元後に造成された祠堂、影幀を安置し周辺を聖域化した。

萬海 韓龍雲先生の銅像
名称 :萬海 韓龍雲先生の銅像
  • 所在地:忠清南道 洪城郡 洪城邑 南長里 山43-1番地

萬海 韓龍雲先生の勲業を新時代における民族精神の指標と見なし、洪城発展の原動力と成る洪州魂の求心点強化を目的に建立された。

朝鮮服姿の萬海 韓龍雲 銅像は、左手に3·1独立宣言文を掲げ、右側の基壇には、萬海の愛唱詩〈貴方の沈黙〉が鮮明に刻み込まれている。

韓国美術協会の顧問であるジャンㆍハンソプが文字を書き、梨花女子大学の教授 ガンㆍテソプが彫刻した。

萬海 韓龍雲文学体験館
名称 :萬海 韓龍雲文学体験館
  • 所在地:忠清南道 洪城郡 結城面 城谷里 20-1

2007年、萬海 韓龍雲先師の精神と文学思想を記念するために、萬海 韓龍雲先師の生家跡前に建てた体験館である。1階には、韓龍雲先師の一代記を披露する映像室と遺品の数々を展示、児童体験館を設け、2階には、セミナー室と創作室を取り揃えている。