본문 바로가기 대메뉴 바로가기

由来

HOME 洪城のご紹介 歴史 由来

由来
洪城郡は昔洪州郡と結城郡を合併した郡である。

유래상단이미지

洪州は本来、高麗の雲州で、995年に都団練使をおき、1012年には知州事となった。その後、洪州と改称された。

1358年に牧に昇格した後、1368年知州事になり、朝鮮時代には数度の変革を経て、1895年に郡となり、1914年に昔の結城郡を合併して洪城郡となった。

結城は本来、百済の結己県であったが、新羅時代に結城と改め西林郡の領県となり、高麗時代の1018年雲州に移属し、1172年に監務を置いた。禑王の時に倭寇の侵入で住民が四方に散らばり、1390年には鎮城を置いて流民を定着させた。

朝鮮時代の1413年に県監を置き、1895年に郡に昇格、1914年に洪州郡•結城郡と保寧郡の一部を統合して洪城郡となった。